前へ
次へ

REITという不動産投資信託ならば少額投資が可能

不動産を直接投資するとなると、相当なお金を調達しないといけなくなります。
少なくとも何百万円から何千万円ぐらいは持っておかないと、投資をすることすらできなくなります。
直接投資を行うならば、相当なお金を持っておかなければいけないというのがデメリットに該当します。
そのため、普通の人が気軽に投資をすることができなくなります。
それに対して、REITという不動産投資信託であれば、一人だけではなく複数人が投資に参加をすることになりますので、少額で投資をすることが可能です。
少額投資が可能であれば、普通の人でも投資に参加をすることができますので、不動産投資に関してもっと身近にすることができます。
REITであれば銘柄によっては数万円からでも投資をすることができますので、気軽に不動産投資をすることが可能です。
何よりも多額の資金を用意しなくても済みますので、どういう銘柄でもそれなりに購入することができるでしょう。
購入額に応じて配当金を受け取れます。

Page Top