前へ
次へ

都市部の空き地を駐車場に転用するメリットと管理責任

不動産物件の中でも空き地は様々な用途に使える汎用性の高さがあることから重宝されます。
特に都市部では駐車場として整備を施すことで安定した収入を得ることが可能です。
都市部は地価が高く、駐車場として使える空き地が少ないことから利用料金を高額に設定しても一定の需要が見込めます。
特に大型の商業施設やオフィスビルが近隣にある物件は月極契約の件数が多くなるので、より安定した収入に繋がるのが魅力です。
その一方で駐車場は同じ広さでも車両の移動のし易さで利用頻度が大きく変わるので整備の際は注意が必要です。
また、車両の出入り口が見晴らしが良くないと事故のリスクが増大することから、車両用のミラーを設置するなどの配慮が求められます。
フェンスや照明など敷地内の安全を確保するための設備を導入している駐車場は需要が高い反面、初期投資が高額になる点も併せて注意します。
舗装や設備の状態を良好に保つためのメンテナンスもこまめに行うのが駐車場の持ち主の責務です。

Page Top